切迫早産は2人目もなりやすい?1人目との間隔や予防法

「1人目の妊娠中に切迫早産と診断された人は、2人目もなりやすい」と聞きます。

「2人目は欲しいけど、また入院したくない!」「2人目は間隔をあけるべき?」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、1人目で切迫流産・切迫早産になった場合、2人目もなる確率が上がるのかという疑問について調査!

ともか
予防に効果的なシロッカー手術についてもまとめました。
目次

1人目切迫早産だと2人目もなりやすい?

臨月のお腹

切迫早産の原因には色々あります。

感染症や子宮頸管無力症、年齢、ストレス、動きすぎ…など、人によって様々なので、原因を特定するのが難しい場合もあります。

ただ、同じくらいの年齢で、たくさん動いているのに切迫早産にならない人がいるのも事実です。

ともか
「結局体質による」と言われてしまうとそれまでですよね…。

私も1人目妊娠時に切迫早産で31週から36週まで入院していたので、
「体質によるなら、1人目で切迫早産になると2人目もなる確率が高いのでは?」
と考えると、次の妊娠を計画しづらいというのが本音です。

2人目も切迫早産になる確率は高くなる

ということで、1人目の入院中は医師や助産師さんに積極的に質問しました。

やはり、1人目が切迫早産になった人は、2人目以降も切迫早産になりやすいそうです。

その産院では、3人妊娠して3回とも切迫早産で入院した妊婦さんもいたんだとか。

しかも、「1人目より2人目の方が入院期間が長くなりがち」と聞かされたので、正直「私には2人目はちょっと無理かな…」と思いました。

一度切迫早産になると、2人目妊娠時にはより安静に過ごそうとすると思うんですよね。

にも関わらず「確率が高くなる」と言われると、正直とても不安です。

2人目は切迫早産にならない可能性も

聴診器

ただ、「1人目で切迫早産になったのに2人目の時はならなかった!」という人がいるのも事実です。

私と同時期に出産された方と授乳室でお話する機会があったのですが、その方の友人は、1人目切迫早産になったけど2人目はとくに異常がなく、予定日を過ぎての出産になったそうなんです。

↓さらにムーニーの公式サイトで、こんなQ&Aを見つけたのでご覧ください。

日本の早産率は5~6%と言われていますが、どんな人がなりやすいのでしょう?傾向はあるのでしょうか?(中略)
1人目が正常に生まれると、次の子が早産になる確率は半分くらいに下がります。逆に1人目が早産だと、2人目の早産率は約2倍、10%以上になります。1人目も2人目も早産だと、3人目が早産になる確率は30%くらい。

引用元:切迫流産・切迫早産について【妊娠中の病気やトラブル】

これは、実際に早産になった確率なので、切迫早産(早産の一歩手前)の確率となると、もっと高くなるでしょう。

これを見て多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですが、2人目も必ず切迫早産になるわけではありません。

2人目が欲しいけど切迫早産で入院したくない!

妊婦さんのお腹

中には、「また入院したくないけど、少しでも確率が下げられるのなら前向きに妊娠を検討したい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、切迫流産・切迫早産の予防法についてもまとめました。

予防法1:1人目と2人目の間隔を開ける

まず、私が医師から直接言われたのが、2人目妊娠までの間隔です。

産後の子宮頸管は柔らくなっているので、次の妊娠まで日が浅ければ浅いほど、切迫早産の確率が高くなってしまいます。

「2人目は分娩時間が短かった」という人が多いのも、1人目の出産によって子宮頸管が柔らかく子宮口の開きが早いからです。

1人目と2人目の間隔が長ければ長いほど、子宮頸管や子宮口の弾力も戻るため、「できれば2年以上間隔を開けたほうがいい」と言われることが多いようです。

ともか
私も担当医に、「2年以上は開けないと次も切迫早産になる可能性は高い」とはっきり言われました。

予防法2:妊娠初期から安静にできる環境を整える

次に、身の回りの環境を整えることも大切です。

妊娠初期から身体に負担の少ない生活を送ることは、切迫早産の予防にも効果的。

ただ、仕事をお休みしたり、家事を頼める家族と一緒に住んだりするのはなかなか高いハードルですよね。

「ハウスクリーニングやネットスーパー、宅食サービスなどを利用できたらなぁ」とも思うのですが、経済的にちょっと厳しい…。

また上の子どもの世話もあったりするので、どれくらい安静にできるのか未知数だったりもします。

安静にできる環境作りと口で言うのは簡単ですが、そう簡単にはいかないのが現実だなぁと書きながら思いました。

予防法3:シロッカー手術・マクドナルド手術

最後に早産予防として最も効果的なのが、子宮頸管を直接縛る手術です。

いわゆる頸管縫縮術という術式で、シロッカー法とマクドナルド法の2つの方法があります。

どちらも妊娠初期から中期にかけて行い、お腹の赤ちゃんが十分育った頃(妊娠37週前後)に抜糸して、そのまま出産を待ちます。

手術には多かれ少なかれリスクがありますが、その分効果も期待できるので、メリットも大きい予防法です。

ともかの場合、子宮頸管無力症の疑いがあったので、2人目妊娠時には手術という方法もありますよと説明を受けました。

ともか
今のところ2人を望むかはまだ未定ですが、その時は手術も前向きに考えたいです。

切迫早産は2人目もなりやすい?|まとめ

「1人目で切迫早産になると、2人目もなりやすい」というのは確かにあるようです。

私も息子妊娠時は、「もう二度と入院したくないから1人で十分かな」という気持ちが強かったです。

ただ、出産して1ヶ月、2ヶ月、半年…と経っていくうちに、いつかもう1人欲しいなという気持ちも芽生えてきました。

年齢的な問題もあるので、実際どうなるかはわかりませんが、チャレンジすると決めた時は手術も含めて考えていきたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。


ともかの子育て日記では、切迫早産に関する情報を発信しています。

ともか
よかったらブックマークお願いします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次